労働者の生活を顧みないブラック企業は許しません。サービス残業させられる、有給休暇がとれない、パワハラされるなどに対抗しましょう。私たちは、新潟の労働組合「にいがた青年ユニオン」です。

2013年4月13日土曜日

アベノミクスは、とても怪しげな商売

焦点:アベノミクスは日本救うか、実体経済への波及に正念場

ロイター 4月13日(土)11時49分配信
[東京 12日 ロイター] 安倍晋三首相が進める経済政策「アベノミクス」。それがもたらす恩恵に関する議論は、奇跡のダイエット方法や命を救う新薬についての議論に非常によく似ている。本物かどうか懐疑的な人は多いが、その効果に興味がないという人はほとんどいない。
ロイターのコメントが、キレている。

つまり、アベノミクスは、まゆつばもので怪しい。
しかし、だれもが「景気はよくなってほしい」とワラにもすがる気持ちだ。

それにしても、「競争力強化」というのは、誰かをおとしめることを含んでいないのか。
そんな競争力はいらない。
互いに高め合い、持続的な発展ができる関係をつくりたいものだ。