労働者の生活を顧みないブラック企業は許しません。サービス残業させられる、有給休暇がとれない、パワハラされるなどに対抗しましょう。私たちは、新潟の労働組合「にいがた青年ユニオン」です。

2014年8月29日金曜日

固定残業代という謎制度を流行らせてはいけない

あなたの会社では、残業の有無にかかわらず、一定額を残業代として支払う「固定残業代」が支払われていませんか?

この固定残業代は、残業代を払わず長時間労働させるために悪用されています。
ただしく固定残業代を運用しようとすれば、ほとんど会社にはメリットがありません。


正しい固定残業代の運用というのは、

  • 基本給とは明確に区分されていて、
  • 固定残業代に対応する残業時間が明示されていて、
  • その残業時間を超えたときには差額を支払う

ということが必要です。
そのためには、労働時間の把握は当然に行わなくてはなりませんし、残業代を計算して固定残業代と比較するという作業が必要です。つまり、「労務管理のコスト削減」はできません。普通に残業代を払った方がよいに決まっているのです。

唯一メリットと考えられるのは、「みかけの総支給額を大きく見せることができる」ということです。
たとえば、基本給20万円、固定残業代5万だとしたら、総支給額は25万円となります。

しかし、これも「月収25万円~」などと書かれれば、求職者はふつう基本給が25万円と思うわけですから、労使トラブルの元となります。いまはハローワークの求人票には、このような書き方はできません(民間求人広告はまだ野放し状態ですが)。

固定残業代を導入しようという会社の本来の目的は、違法な残業代不払いを行うことにあると言っても過言ではないでしょう。つまり、「残業代はあらかじめ払ってあるから、それ以上は払わない」と言い張って、本来支払うべき残業代を支払わず、労働者に長時間労働を押しつけます。

長時間労働は、過労死・過労自死の温床です。違法に抜け駆けを行うのですから同業他社にとっても迷惑この上ない会社です。

固定残業代などという謎制度を流行らせてはいけません。