労働者の生活を顧みないブラック企業は許しません。サービス残業させられる、有給休暇がとれない、パワハラされるなどに対抗しましょう。私たちは、新潟の労働組合「にいがた青年ユニオン」です。

2015年7月7日火曜日

マタハラに泣き寝入りしないで!



にいがた青年ユニオンは、7月11日に定期大会を開きます
同時に、学習会も行いますが、育児を中心とした家庭生活と仕事の両立がメインテーマとなっています。
組合員の中には、育児をしながら仕事をしている人もいますし、育児休暇を取得しているという人もいます。

誰もが、赤ちゃんとして生まれ、子ども時代を育ち、大人になります。
ひとりでに勝手におとなになる訳ではありません。
誰かに面倒を見てもらい、成長します。
それが妨げられれば、人間社会は壊れてしまいます。
だから、子どもを育てることは、特別に保護しなければなりません。



この日本は、長時間労働がはびこっています。
子育てには、お金がかかりすぎます。
子育て世代には、とてもすみにくい社会となっています。

特に、妊娠や出産をきっかけとした嫌がらせ「マタニティー・ハラスメント」は問題です。
妊娠、出産、育児休暇取得などを理由とした嫌がらせは、もちろん違法です。
しかし、「それとは違う理由だ」といって、嫌がらせしてくる事業主もいます。

しかし、泣き寝入りしないでください。

出産、妊娠、育児休暇などが終了後、1年以内に解雇や雇い止め、降格、不利益な配置転換などが行われれば、原則として違法として取り扱われることになっています。

それでも、上司から嫌味を言われれば、職場に居づらいという場面もあるかもしれません。
そんなときには、にいがた青年ユニオンに加入してください。
労働者の団結の力で、社会正義を職場に実現します。

あなたが泣き寝入りすれば、あなたの子どももいつか同じ目にあうかもしれません。
ぜひ、にいがた青年ユニオンにお問い合わせください。

メール相談フォームを開く