労働者の生活を顧みないブラック企業は許しません。サービス残業させられる、有給休暇がとれない、パワハラされるなどに対抗しましょう。私たちは、新潟の労働組合「にいがた青年ユニオン」です。

2015年10月6日火曜日

アリさんマークの引越社がブラック企業というよりもアレな話



「アリさんマークの引越社」の会社幹部と思しき人たちが労働組合の宣伝に対して恫喝を加える動画が公表されました。
あまりにもひどいので、ブラック企業というよりも、アレな話になっています。

まずは問題の動画を見てみましょう。



時間のない方は、コメント欄がそれを語っていますので見てみましょう。

「出てきたメガネに俺むなぐらつかまれた事ありますよ」
「ヤクザにしか見えないです」
「写っていることをわかってないのか。暴力団の引越社w」
「やっちまったな、完全に反社会勢力じゃんかよwww」
「最初の方で出てきた男と足踏んだとかいちゃもんつけた男はアリの社員かななんにせそアリのイメージダウンになるって気づいてないのかまあ、もうダウンするイメージもないんだけれども(笑)応援します頑張ってください!」



そんな中、会社側とも取れる人のコメントがあります。

「あなたならどう対応しますか?会社の前で業務妨害の騒音挑発行為。都合の悪いところはカットして映ってないところで煽り続ける。たちが悪すぎる。」

まずは、こうなった原因については、すでに知られるところですが、労働組合に駆け込んだ方が追い出し部屋に配転させられ、配転無効を訴えたところ、懲戒解雇に。その無効を求めたら引っ込めるわけですが、それでも社内に「過激派の流れを汲むような怖い人は去れ!」と書いた紙を貼り付けてみたり。

これとか。

どこかの掲示板かナントカ速報が3次元化したというか、ヘイトスピーチというか、正直困惑。

で、先ほどの会社側のようなコメントですが。

あなたならどう対応しますか?
→団体交渉で誠実に対応します。社内の張り紙とか外すし。

会社の前で業務妨害の騒音挑発行為。以下
→それをされてしかたのないことをやっているのでアウト。労働組合は、営業妨害すること(宣伝活動やストライキ)が正当業務です。

通常の会社というのは、街宣車で宣伝されたら、様子の撮影ぐらいはしますが、抗議はしません。抗議して止まるものじゃないから。そんなことはわかっています。
そんなこともわからず、抗議しちゃって、力づくでなんとかしようとしている時点で、アリさんマークの引越社は、アレな団体だというお話になるのです。

いずれにせよ、こんな対応しかできない会社(会社というか、もうアレとしか言えない団体)が、まともになることはないと思うので、みんなで利用せずに潰れてもらったほうがいいのかもしれません。


ちなみに、このブログを書いている「にいがた青年ユニオン」も労働組合です。
こういうおかしな会社のやり方を社会に訴えるのも正当業務の範疇です。
いっしょにやりたいという方、募集中です。
メールフォームからお気軽にお問い合わせください。



メールフォームを開く