労働者の生活を顧みないブラック企業は許しません。サービス残業させられる、有給休暇がとれない、パワハラされるなどに対抗しましょう。私たちは、新潟の労働組合「にいがた青年ユニオン」です。

2015年10月7日水曜日

失業して住居費が払えない(9月相談分)



失業して住居費が払えないがどうしたらいいか-。
このような相談が届いています。

非正規労働者にとっては失業は身近になっています。それなのに、とたんに生活に困る事態になります。セーフティーネットが貧弱だからです。
失業によって生活で困ったときには、まずその制度から使っていきましょう。



雇用保険に加入していたら、失業手当の受給を行います。手続きはハローワークです。離職票を持っていきましょう。会社が離職票を発行してくれないような場合も、とにかくハローワークへ行きましょう。

雇用保険手続き(ハローワーク)

生活資金の貸し付けもあります。「総合支援資金」の借り入れを検討してください。手続きは、社会福祉協議会です。借り入れられるまでの間をつなぐ「臨時特例つなぎ資金貸付」もあります。

総合支援資金Q&A(厚生労働省)

それでも自立ができないという場合は、生活保護もあります。あきらめないでください。