労働者の生活を顧みないブラック企業は許しません。サービス残業させられる、有給休暇がとれない、パワハラされるなどに対抗しましょう。私たちは、新潟の労働組合「にいがた青年ユニオン」です。

2016年6月11日土曜日

上司「君さぁ休憩時間になった瞬間休憩入るよね。あれ止めた方がいいと思うよ」僕「そうですよね!わざわざありがとうございます!」→TL「何がいけないのかサッパリ分からん」 TLが正常です



ネットの書き込みにはウソも混じっているので注意が必要です。
でも、ブラック企業に関しては、まともな反応だよなと思うことが多くなってきた気がします。



休憩時間は、6時間を超えて働くとき45分、8時間を超えて働くとき1時間が必要です。これ以下になると、労働基準法に違反します。

労働基準法34条
使用者は、労働時間が六時間を超える場合においては少くとも四十五分、八時間を超える場合においては少くとも一時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。

休憩時間になったら、すぐに休憩させることが会社の義務です。この上司は、もうちょっと勉強した方がいいですね。