労働者の生活を顧みないブラック企業は許しません。サービス残業させられる、有給休暇がとれない、パワハラされるなどに対抗しましょう。私たちは、新潟の労働組合「にいがた青年ユニオン」です。

2015年8月3日月曜日

薬局なんでも相談室は「能力不足を理由に解雇できるか」という質問にどう回答したか気になる

日経メディカルにこんな質問が寄せられたのだそうです。

薬を交付する際に患者と話ができず、同僚とも全くコミュニケーションが取れない薬剤師がいます。薬剤師として能力不足と考えており、解雇したいのですが、可能でしょうか。 (60代男性)
日経メディカル「薬局なんでも相談室」2015年8月3日

記事全文を読むには会員登録が必要なので、どんな回答かは確認していません。
あなたは、どう考えますか?


解雇の前に確認すべきことがある

採用面接ではどうだったのか

問題の薬剤師の方は、どんな方かわかりかねますが、長年勤めてきた方だということなら、「何を今更」という感が強くなります。
どちらかといえば、採用されてすぐなのかもしれません。
そうすると、採用面接においては、採用官とどうやってコミュニケーションをとったのでしょうか。
採用官とて、患者への指導が重視されている時代というのは理解しているはず。
であれば、当然、そういう面に気をつけているはずです。
それなのに、気がつかなかったのでしょう。
ここは、会社に落ち度があります。

つまり、面接時にそうと示していない理由なのに、あとで解雇理由にしてくるというものです。

なぜコミュニケーションがとれないのか

問題の薬剤師は、当然、薬科大学を卒業しているはず。
これまでの人生において、どういうふうに人付き合いをしてきたのでしょうか。
なぜ、患者と話ができない、同僚とコミュニケーションがとれないという状態なのか調べなくてはなりません。

たとえば、極度のあがり症で、些細なミスをその60代男性から怒鳴られた経験があり、緊張のあまり職場で口数が減る、のかもしれません。
その辺の事情が書かれていませんから、判断できない部分があります。

「能力不足の解雇」は裏返せば「指導者の能力不足」


能力がないからクビにするという使用者がいます。
しかし、それは裏返せば、使用者の指導者としての能力不足です。

人間にはもともと得手不得手がありますし、教え方によって天と地との開きができます。
能力不足で解雇という前に、使用者はやるべきことをやり尽くさなければなりません。


不当解雇に泣き寝入りしない