ブラック企業を許すな

労働者の生活を顧みないブラック企業は許しません。サービス残業させられる、有給休暇がとれない、パワハラされるなどに対抗しましょう。私たちは、新潟の労働組合「にいがた青年ユニオン」です。 もし記事がしばらく更新されていないなら、新潟にブラック企業を見つけていないしるしです。あなたが見つけたら、私たちに教えてください。 にいがた青年ユニオンとしての考え方、労働相談や生活相談などは、ブログ「ゆにぶろ」で紹介します。

あなたの会社はどうですか?

固定残業代

あらかじめ決まった額が残業代として支給されていませんか。残業代が適切に支払われていない可能性があります。

過労死・過労自死

従業員の中から過労で亡くなった人が出ていませんか。次はあなたかもしれないのです。ご家族の顔を思い出してください。

店長候補

すぐに管理職になることを求められていませんか。わずかばかりの手当と引き替えに長時間働かされていませんか。

高い離職率

採用されてすぐに辞める人が多くありませんか。何故か自己都合で辞めていく人が不自然に多くありませんか。

いつも募集中

いつも求人募集中ではありませんか。会社規模に対する採用人数が多すぎませんか。

2020年9月28日月曜日

無資格者がフォークリフトを運転して取引先労働者が死亡

フォークリフトは、自家用車以上に周囲に気をつかわなければなりません。 資格のない人が運転したため、取引先の労働者に激突して死亡事故になっています。 2020年9月28日の労働新聞社より
新潟・三条労働基準監督署は、無資格の労働者にフォークリフトを運転させていたとして古紙卸売業の㈱小林先二商店(新潟県見附市)と同社代表取締役およびフォークリフトを運転していた同社労働者の計1法人2人を、労働安全衛生法第61条(就業制限)違反の疑いで新潟地検長岡支部に書類送検した。取引先の労働者にフォークリフトが激突し、死亡する労働災害が発生している。

2020年3月20日金曜日

最低賃金法違反の疑いで書類送検 上越地方の不動産会社


上越地方の不動産会社が最低賃金法違反の疑いで書類送検されたことが報じられています。
上越労働基準監督署は19日、上越市頸城区森本の有限会社 不動産物件販売の経営者を最低賃金法違反の疑いで新潟地方検察庁高田支部に書類送検した。
上越妙高タウン情報 最低賃金法違反の疑い 頸城区の不動産会社 経営者を書類送検 2020年03月19日

しかし、この会社の経営者は労働者1人に対し、昨年12月分の定期賃金(合計24万8,500円)を支払うにあたり、新潟県最低賃金(時給830円)以上の金額を支払わなかった疑い。

定期賃金を支払うに当たり、最低賃金を下回ったということは、残業代不払いより最低賃金を下回ったほど労働時間が非常
に長く、こき使われたと思われます。

2019年12月27日金曜日

新潟市内の特養ホームで58人に虐待

新潟日報の記事によれば、2018年度に新潟市内の特養で入居者58人に対して虐待があった模様です。

2018年度に新潟県内の特別養護老人ホーム1施設で入居者58人に対し、ナースコールを使えなくしたり、身体拘束をしたりする虐待があった問題で、当該の施設が新潟市内にあることが26日、分かった。市は「施設の改善は確認した。現在の入居者らの不安をあおらず、虐待された側のプライバシーを守るため施設名は公表できない」としている。
新潟日報 2019/12/26

2019年12月24日火曜日

ブラック企業大賞2019は、またも三菱電機…電通とセブンは特別賞、#MeToo賞に長崎市

「ブラック企業大賞2019」が発表されました。

大賞は2年連続で三菱電機
長時間労働による労働者が自死するなど。

特別賞は、過去に大賞受賞歴のある電通とセブンイレブンジャパン。電通はまたも36協定違反が指摘されていました。セブンイレブンジャパンはフランチャイズ従業員に対する残業代不払いが社会問題となりました。

2019年12月10日火曜日

セブン本部、残業手当を未払い?

ちょっと不注意で不思議なニュースです。

日本経済新聞の2019年12月10日の記事から。
セブン、残業手当の一部を長期未払い 4億9000万円

セブンイレブンで働くアルバイトやパート従業員の残業手当の一部が長期にわたって支払われていなかったことが10日分かった。加盟店の従業員の給与計算は本部のセブン―イレブン・ジャパンが代行しているが、計算式を誤っていた。労働基準監督署からの指摘で判明し、遡って調べたところ、1970年代から払っていなかった可能性がある。