労働者の生活を顧みないブラック企業は許しません。サービス残業させられる、有給休暇がとれない、パワハラされるなどに対抗しましょう。私たちは、新潟の労働組合「にいがた青年ユニオン」です。

2015年10月25日日曜日

悪口を言われるパワハラには録音で対抗しよう



こんなご相談です。
  • 接客業なので、表ではいい顔をしている。
  • でも、上司や同僚から悪口を言われて、仲間はずれにされる。

それは、いじめです。パワーハラスメントとも言います。

パワーハラスメント(パワハラ)とは


同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいう。

これが、定義です。

職場なので、業務上の指示を与えることは当然です。
ですが、それを超えて苦痛を与えることは許されません。

仕事の能率が落ちることはもちろん、健康を損なうこともあります。

悪口には録音も


今回のケースでは、悪口を言っているとのことですが、周囲の人が常に協力的であるとは限りませんので、証言をもらうことはできないかもしれません。ですから、録音するといった方策が考えられます。

本来、上司は自らの感情に左右されることなく業務を行うことが職務です。しかし、すべての人がそういう仕事ができるとは限りません。あなたの上司がたまたまそうだったということです。
客観的に見て、あなたがいじめられている証拠をとりながら、ひとりで悩まず相談してください。

にいがた青年ユニオンは、新潟を中心に活動する労働組合です。
会社に労働組合がなくても、あなたが加入して、会社と団体交渉することが可能です。