労働者の生活を顧みないブラック企業は許しません。サービス残業させられる、有給休暇がとれない、パワハラされるなどに対抗しましょう。私たちは、新潟の労働組合「にいがた青年ユニオン」です。

2015年11月7日土曜日

NO MORE 賃金泥棒プロジェクトはじまる



NO MORE 賃金泥棒プロジェクトが始まりました。

15分単位での時給の切り捨て計算など、あらゆる賃金不払いをなくそうと、労働問題に詳しい弁護士らが「NO MORE 賃金泥棒」プロジェクトを立ち上げた。労働基準法の正しい知識の啓発や労働相談、ウェブでのアンケートによる実態調査に取り組む。
産経ニュース 「バイト行くたびに損」 ブラック企業、着替えの準備、賃金切り捨て 「賃金泥棒」プロジェクト始動 2015年11月6日




冒頭の動画は、もちろんアレのパロディー。



会見では、ブラックバイトについても言及。
賃金計算をごまかしたり、始業前、終業後に仕事をさせるケースも紹介しました。

プロジェクトによると、賃金計算は本来1分単位だが、コンビニなどでは15分単位で端数を切り捨てる方法が横行。制服への着替えなど準備にかかる時間にも賃金は発生するのに、着替えた後にタイムカードを打たせる例も後を絶たない。

もちろん、これらは労働基準法に違反する犯罪です。
このようなことがあればぜひご相談ください。


お気軽にお問い合わせください

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考えます。

ここでは、あなたはお客様ではありません。あなたも私も同じ主人公です。

まずは、お問い合わせください。

メールフォームからお問い合わせ